検索順位の平均クリック率(CTR)とは?クリック率を向上させるための具体的なノウハウ

「検索順位とクリック率(CTR)って何か関係あるの?」
「検索結果におけるクリック率(CTR)を高めるにはどうすればいい?」

あなたはこのように考えていませんか?

ぽん太
ぽん太

こんにちは!
当ブログを運営している「ぽん太」と申します。

Webサイトのアクセス解析データを見ていると、クリック率(CTR)なるものが存在します。
しかし、そのクリック率(CTR)のデータをどのように活かせばよいのか分かりませんよね。

ちらっとお見せしますが、実は検索順位とクリック率には関連性があります。
例えば、下記の画像では印の場所でクリック率を向上させる施策を打ったのですが、その直後にクリック率だけでなく、検索順位も大きく上昇しています。

このように、検索順位とクリック率には相関関係があるんです。
例えるなら、ニワトリと卵・・・いや、カエルとおたまじゃくしのような関係です。(どっちも同じですね)
ですので、クリック率を向上させることができれば、検索順位も大きく向上しアクセスが集まり、アフィリエイトリンクがクリックされ、デレシシシ・・・おっと失礼。

というわけで今回は検索順位とクリック率の関係性クリック率を向上させる方法をお伝えしていきます。

執筆者:ぽん太について

Webマーケティング会社・D2C会社を経営しています。
Webマーケ会社では、現場も担当しており外資系金融サービスのSEOがメインです。
また、SEOツールの開発にも携わっており、SEOについて多少詳しいです。
(上には上がいるので偉そうなことは言えませんが。)

自然検索結果におけるクリック率(CTR)とは?

検索結果における「クリック率(CTR)」とは、「Click Through Rate」の略で検索結果に自分のWebページが表示された回数に対して、クリックされた割合のこと。
次の計算式で算出することができます。

▼CTRの計算式
CTR=クリック数 ÷ 表示回数 × 100

例えば、検索結果に100回表示され、10回クリックされた場合は「CTR=10%」ということになります。

WebサイトのSEOでCTRを意識するべき理由

WebサイトのSEOではCTRを向上させるためにコストをかけた方がよいです。
その理由は、CTRを高めることで、検索順位にも良い影響を与えられるからです。

例えば、下記のGoogle Search Consoleのデータ画像をご覧ください。

上記はCTRを高めるための施策を実行した前後の検索順位が確認できます。
ご覧の通り、CTRが向上したタイミングで、検索順位も大きく向上しています。

また、海外の事例ではありますが、著名なSEOブログ「BACKLINKO」でも、検索順位ごとの平均CTRより大幅にCTRが高い場合、検索順位が上昇することを示唆しています。

このことから、検索順位を高めるための施策として、CTRを向上させることが大切だとお分かりいただけるのではないでしょうか。

検索順位ごとの平均クリック率

「検索順位ごとの平均クリック率はどれくらいなの?」と聞きたくなるかもしれません。
平均クリック率はその検索キーワードによって変わってきます。

例えば、競合性・収益性の高いビッグキーワードには、多くのリスティング広告が出稿されています。
また、ローカル検索の影響を受けるキーワードについても、マイビジネス枠が入ってきます。
一例として「脱毛おすすめ」というキーワードの検索結果を見てみましょう。

この検索結果では、リスティング広告が4件、その後にマップとマイビジネス枠が3件、その後に自然検索の1位という具合です。
これでは1位に表示させることができたとしても、クリック率は10%を切ってしまうでしょう。

一方、「脱毛おすすめ 自宅 メンズ」というロングテールキーワードだとどうでしょう。

リスティング広告は2件と少なく、マイビジネス枠もありません。
検索1位に表示させることができれば、20%以上のCTRを獲得できるかもしれません。

このように、検索順位ごとのCTRは狙っているキーワードの競合性によって変わってきます。

ちなみに、前述した海外の著名なSEOブログ「BACKLINKO」でも、ビッグワードとロングテールワードにおけるCTRの違いについて触れています。

引用元:BACKLINKO

表を見ていただければ分かるように、ビッグワードのCTRはロングテールワードのCTRよりも低くなる傾向にあるようです。

ビッグワード
(語数が少なく競合性の高いKW)
ロングテール
(語数が多く競合性の低いKW)
1位18%33%
2位15%25%
3位12%20%
4位8%15%
5位6%11%
6位4%8%
7位3%5%
8位2%3%
9位1%2%
10位1%1%
ぽん太
ぽん太

WebサイトのページごとにCTRを確認するときは、狙っているキーワードのリスティング広告の件数なども鑑み、妥当な数字なのか、それとも改善の余地があるのかを検討していただければと思います。

Webサイトのクリック率を確認する方法(Google Search Console)

Webサイトのクリック率を確認する方法ですが、「Google Search Console」を使います。
手順は下記の通りです。

CTRを確認したいWebサイトを選択
「検索パフォーマンス」の欄にある「検索結果」をクリック
レポートの「平均CTR」にチェックを入れる
「+ 新規」をクリック
検索キーワードかページで絞り込み

クリック率の確認方法は上記の通りです。

基本的に、僕がCTRを確認するときは、ページごとに絞ってデータをチェックするようにしています。
というのも、検索キーワードでデータを絞っても、別々のページ同士のCTRが表示されることがあり、データが参考にならないからです。
ですので、CTRをチェックするときは、ページごとに絞ってデータを取るのがおすすめです。

余談ですが、WebサイトのどのページにCTRの弱点があるのか、スプレッドシートを用いて解析する方法があります。
その詳しいやり方については、下記の動画がわかりやすいです。

ぽん太
ぽん太

ぜひ、見てみてください。

検索結果でのCTRを改善する方法

Google Search ConsoleでCTRの弱点ページを見つけたら、そのページのCTRの改善に進みます。
具体的な方法は次の通り。

  1. 魅力的なタイトルタグ・ディスクリプションを設定する
  2. 日付を最新にする
  3. 強調スニペットへの表示を試みる
  4. 構造化データを実装する

※ここからお伝えするCTR改善施策は、あくまでもコンテンツ内容がユーザーの検索意図にマッチしており、CTRさえ改善すれば検索順位が上昇するだろうと仮説を立てられるページに対して行う施策です。

もし、CTR以外に問題があるのであれば、まずはそちらを改善おなしゃすッッ!

1、魅力的なタイトルタグ・ディスクリプションを設定する

ひとつ目はタイトルタグ・ディスクリプションの調整です。

CTRを伸ばすのに最も簡単な方法は、検索結果面で見えている部分のチューニングです。
例えば、検索結果でユーザーが確認できるのは次の通り。

  • URL
  • タイトルタグ
  • ディスクリプション
  • 更新日

1番目につく、タイトルタグ・ディスクリプションを魅力的にするのが、最も効率の良い方法だと言えます。

CTRを伸ばすためにタイトルタグの調整方法ですが、次のようなものがあります。

CTRを伸ばすためのタイトルタグの改善方法
  • パワーワードと【】墨付き括弧を組み合わせる
    【最新版】【保存版】【2021年版】【公式】
  • ターゲティング
    「〜な人は必見!」「〜な人は読んでほしい!」
  • 数字を含めて具体的にする
    「5つの方法」「98%が納得」「クリック数を1.5倍に増やした」
  • 適度に煽る
    「知らないと損をする」「これで後悔せずに済む」「後悔する前に読んでおこう」

単純にテキストを視覚的に目立たせるものから、潜在ニーズをくすぐるものまで様々です。
ちなみに、上記のうち一つを実行した結果、下記のような結果を得ることができました。

ぽん太
ぽん太

施策後にはCTRが「6%→30%」とおよそ5倍向上し、検索順位も「5位→2位」と3つ上昇させることができました。

2、日付を最新にする

先ほど、検索結果面にて確認できるのは次の4つであるとお伝えしました。

  • URL
  • タイトルタグ
  • ディスクリプション
  • 更新日

このうち、更新日をいじることもCTRの上昇に寄与します。

例えば、WordPressプラグインは常に新しい仕様に更新されていきます。
そのため、「WordPressプラグインの使い方」のようなトピックの記事では、できる限り更新日が新しいものの方がCTRが高くなりやすいのです。

実際、僕が見ているあるオウンドメディアでは、記事コンテンツおよそ300ページの更新日を全て最新にしたところ、全体のクリック数は1.5倍に伸びました。

また、それに引っ張られるように検索順位も伸びていきました。

ちなみに、更新日だけ変更しても中身を変更しなければ意味がないように思うかもしれません。
今回お伝えしているのは、「検索結果面での見え方を改善しCTRを伸ばす方法」です。
ですので、更新日をただ最新にするだけでCTRを伸ばすことは可能になります。

3、強調スニペットへの表示を試みる

続いての方法はややテクニカルになりますが、強調スニペットへの表示です。

強調スニペットとは、答えが簡単な検索キーワードに対しては、検索結果面で答えを返す表示のこと。
例えば、「強調スニペット」と検索すると、下記の画像のように、検索結果上でキーワードに対する回答を閲覧できます。

この表示が強調スニペットになります。
Webページで狙っているキーワードによっては、強調スニペットを狙うことが可能です。

強調スニペットに表示させる条件は次の通り。

  1. ターゲットキーワードで上位表示
    強調スニペットに表示されるのは、検索結果面で上位表示(1ページ目)されているページのみです。
    ですので、最低でも1ページ目に表示させることが大切です。
  2. 機械が認識できる言葉遣いで執筆
    コンテンツに記載されている文章が、ユーザーの質問に対する回答であると判別してもらう必要があります。
    最も簡単な方法は正しい日本語を使うこと。
    「〇〇とは、〜のことです。」など、お手本のような日本語を使うと表示率は高くなる傾向にあります。
  3. 適切なHTMLマークアップ
    用語の解説であればあまり意識しなくても良いですが、箇条書きの強調スニペットなどは、「・」を使うのではなく、「リストタグ」をきちんと記述しておく必要があります。

ちなみに、強調スニペットに表示させるとCTRはどのくらい変化するの?と思うかもしれませんが、こんな感じです。

だいたい順位は変わりませんが、強調スニペットに表示されているキーワードに関しては、1.5倍くらいCTRが変わってきます。

ぽん太
ぽん太

クリック数が1.5倍増えれば、シンプルにそれ以降の数字も1.5倍になります。
これだけでも強調スニペットに表示させる価値はありますよね。

4、構造化データを実装する

続いての方法はさらにテクニカルな内容です。
Googleの構造化データを実装することで、CTRを向上させることができます。

構造化データとは、ページに関する情報を提供し、そのコンテンツ(たとえば、レシピページの場合は材料、加熱時間と加熱温度、カロリーなど)を分類するために標準化されたデータ形式です。

引用元:構造化データの仕組みについて

例えば、検索結果にて下記のようなプルダウン形式のリストを見たことはないでしょうか。

こちらは、構造化データのマークアップがなされたページで、いわゆる「よくある質問」を検索結果に表示させています。
このように、構造化データを利用して、競合サイトと検索結果面で差別化を図ることで、CTRを伸ばすことが可能です。

ちなみに、構造化データにどんな種類があるのかは下記のページで確認できます。

Webサイトのジャンルやコンテンツ形式と照らし合わせ、どの構造化データであれば対応可能なのかを判断してもらえればと思います。

僕は事業会社のSEOを担当しているので、デザイナーに構造化データのマークアップをお願いできますが、リソースのない個人の方だと難しいですよね。
もし、本気で構造化データを実装したいのであれば、ランサーズで適当なデザイナーさんを見つけ、依頼してみてもよいでしょう。

ぽん太
ぽん太

というわけで今回は検索順位とCTRの関連性や、CTRの伸ばし方をお伝えしました。
SEOで困っているよーという方はぜひ「お問い合わせフォーム」からご相談ください!
何かお力添えができればと思います。